手帳より、アートブックのような人生を

人生は有限だからスケジュール管理しなくちゃ!のつまらなさ

2014年、私は経営者で、希望のないストレスいっぱいの状況でした。
ビジネス書やリーダーシップ指南書にかかれていたり、へたなコンサルタントが支持しているような左脳的なアプローチを数年続けてきていました。
月に何十冊も本をビジネス書を読みコーチングもつけています。
でも、自然ないいフローにつながらず、会社も人生もマイナスの循環を増幅していました。
そのことに客観的にきづく余裕もないくらい多忙でセルフケアもできない状況でした。

社会人経験を通して、管理が得意だと思っていた私は、Project Managementをアメリカで学び、タスクベースでどんどんプロジェクトを成功させており自信もありました。
不安と配慮から動き、中期計画・長期計画・予算管理・KPI管理などで進めていくのが経営であり人生だと思い込んでいました。
「夢がかなう手帳術」的な、マイルストーン設定やタスク管理のような ”手帳” をもって、スケジュールされた人生を生きるのが成功に近づく生き方なのだろう、と。
そこには、ゲーム的な達成感はあったけれど、命からときめくようなキラキラはありませんでした。

生きたいのは ”手帳” のような人生じゃなくて ”アートブック”

そんな中 NVC(Non-Violent Communication、非暴力コミュニケーション)に出会います。
自分に必要な直感を感じ、2014年の12月、10日間の休みをとり、IIT(International intensive Training)とよばれるリトリート合宿に参加。ホルヘ・ルビオというコロンビアの名物トレーナーの感動的なセッションの最中、強い情熱が自分の中から湧きました。
それは、ガルシア・マルケスの「百年の孤独」を読んでいるような、「生きていること」へのドクドクしたワクワクが止まらない感じ。
インスピレーションでした。

ああ、わたしが生きたいのは ”手帳” のような人生じゃなくて ”アートブック” なんだ

そのアートブックは、すべてのページ(日)がすべてちがう。
テクスチャ(素材感)があって、絵の具がもりもりしてたり血が出ていたり凪いでいたりとてつもなく美しい夕焼けだったり、
あるとき命が終わったら、どのページで尽きてもその人らしくてなんの心残りもない本。
あとには、白紙だけがさらさら残るような。
その先に未完のスケジュールが続く手帳でなく。

そのビジョンを持って、1年経って立ち位置を振り返ってみると、まったく異なるほんとうにほんとうに幸せな毎日を過ごしていることに気づきます。
世界規模であおぎみていたような尊敬できる人たちのつくっている大きな流れの一部として動いていること。
意図が純粋で美しく、それを実行する行動力と経験と自信と能力があって、人とねっこからつながる愛をもってる、そんな人たちとだけ日々やりとりしてる。
自分の一番大切にしている、美とクリエイティビティと感動と感謝が生活の瞬間瞬間にある。
この幸せがあるのは、NVCで大切な人たちとつながれたことと、
いちばんには「自分」と、つながれたことが何より大きいとおもっています。

/////////// 直近のWSスケジュール ///////////

★11/14スタート全6回・NVCを学ぶ基礎クラス
11/14スタート全6回・無敵のコミュニケーション【基礎クラス】

★対面で学べるNVC体験クラス。鎌倉、10月開催分
NVCが初めての方向けですが、リピーターのための共感サークルにもお使いいただけます。
[2019.10/10, 10/15, 10/18] 無敵のコミュニケーションワークショップ(for ビギナー)@鎌倉

★対面で学べるNVC体験クラス。鎌倉、11月開催分
NVCが初めての方向けですが、リピーターのための共感サークルにもお使いいただけます。
[2019.11/8, 11/11, 11/15, 11/29]今まで以上に理解しあえる共感コミュニケーション体験会

★オンラインでお母さんたちで支え合うNVC実践サークル
ママ専用オンラインサロン「愛と共感」〜共感コミュニケーションの子育て【実践編】