捨てられかけた命が、また育っているのをみるキッチンは幸せ

パーマカルチャーで暮らしをデザインしよう

買った野菜を増やす魔法

買った野菜を増やす魔法

野菜の値段ってけっこう変動しますよね。
帰宅が遅くなって、よそと同じ質の商品が高めの値段で売られている食料品店で買わざるをえない時もあります。
キャベツが298円だったり、豆苗が198円だったりすると、お店でかなり悩みませんか?
わたしは胸が張り裂けそうになります(おおげさ)。
そんなときは「この魔法で増やせる!」っておもうと、価格の高さにあらぶる気持ちがおさまります♡

切り落として捨てている根っこを水につけておくだけの水耕栽培。

チンゲンサイは、水につけておくと、子株にわかれて増えます

チンゲンサイは、水につけておくと、子株にわかれて増えます。クローン。かわいい

なによりも、生き生きとして美しい!

命をもうすこし長くいただくことができる上に、室内で観賞できるグリーンが増えることにもなります。
水耕栽培をはじめてみて「へー」と思ったのは 「わたし花よりグリーンが好きだったんだ!」という気づき。
日々増えて、命の勢いを増していくイキモノがそばにあることから元気がもらえます。
花は朽ちていくのみだけれど。
そして、切り花を買わなくなりました。

小ネギは、根が生えたら、庭の土に植えます。
たまにちょっとだけ新鮮な状態でほしい時にとっても便利です。

チョコレートの入っていたケースを再利用

チョコレートの入っていたケースを再利用キャベツ キャベツは、こんなに立派な葉っぱが増えます

 

未来を生きる子どもたちの冒険の書。ソーヤー海くんとパーマカルチャーワークブックをつくりました。

本づくりの想いやプロセスはMotion Galleryサイトをご覧ください。



東京アーバンパーマカルチャーについて、大人向けの網羅的な書籍はこちら。現代の「ホールアースカタログ」です♡

PAGE TOP