giftivism

ギフティビズム

ギフト”エコロジー”とギフト”エコノミー”の違いをイラストで解説します|愛とやさしさの革命=ギフティビズムのこと

イベントの対価を支払う時や、ものやサービスのやり取りをする時、「ギフト制で」「ギフトエコノミーで」「ドネーションで」というような言葉を聞いたことがありませんか?
はじめて私がその仕組みを使ったのは、29歳の頃サンフランシスコでヴィパサナ・マインドフルネス瞑想の会に参加した時でした。
金額が定められておらず、会の終わりにドネーションボックスに好きな金額を入れます。
仕事を辞めて留学中で、お金が貴重だった当時の私には、驚きとともにありがたい仕組みでした。でも「なんでだろう?」と大きなハテナが残りました。

それから15年たち、今は自分が「ギフト」という循環システムで生きています。
ギフトの定義は人それぞれで正解のない世界です。
ここでは、4年実践してきた私なりの定義を整理してみますね^^

ことの起こりは、ソーヤー海くんにギフトを叩き込まれたこと!

「ギフト」という世界観を生きるきっかけは、東京アーバンパーマカルチャー(略称:TUP)をはじめたソーヤー海くんに出会ったことです。
何年も「TUP人生を変えるパーマカルチャーツアー」という伝説のツアーに参加したくて、やっと仕事が落ち着いた2015年にスケジュールに少しゆとりが出ました。
と、ツアー募集されていたので応募したところ、それはパーマカルチャーとギフトエコロジーを学ぶツアーでした。
ツアーについては、greenzさんの「稼ぐことから自分を解放しよう! ソーヤー海さんに聞く、ギフト経済の次にある、ギフトエコロジーの世界」から詳しく読めます。9枚目の写真で、ソーヤー海くんの後ろに写っている黄色い服を着ているのが私です^^
13,400いいねがついてと大ヒットした記事です。
4年経っても、その旅で起きたことを言語化することができないくらい、文字通り「人生が変わる」経験でした。
西海岸のギフティビスト(ギフト実践者)たちと生活させてもらい、惜しみない愛をふりまく人柄とライフスタイルにノックアウトされました。当時私は、年商1億5千万の企業グループを経営し、月間の家計費が平均100万円というメタボリック・シンドロームな生活をしていて、資本主義経済の中で大きなキャッシュフローのやりくりをして生きていました。
そんな私にとって、「ギフト」で生きるということを「体感」できたことは、人生でもトップ3に入るようなターニングポイントになりました。
ごくごく簡単に言うと、「世界は貨幣で回るものではない」「お金よりもっともっといいものがある」という感覚です。
・・・言葉にすると、なんて薄っぺらい(涙)
そこで、実業家としては合理性や再現性を大切にしていたので、「資本主義だけじゃなくて、ギフトでどれくらい社会が回るのか数年実践してみよう」と実践を始めました。
ほどなく経営から降り、ソーヤー海くんのマネージャーになり、ギフトに関する議論を徹底的にしながら、海くんの中にあって日々磨かれていく「ギフト」のコンセプトを吸収しはじめました。
学びは深く、驚きの連続でしたが、すでにクラウドファンディングで1,000万円近いお金を集めるなど、ギフトエコロジーを生きていても、お金が必要な時は資源が集まる、と実感しています。
東京アーバンパーマカルチャーのギフトエコロジーについては、今リニューアル中のオフィシャルサイトがローンチしたら書きます♡
以下では、私独自の「ギフト」のまとめをざざっとしてみます。

私にとってのギフト”エコロジー”とは?

「ギフト”エコロジー”」と「ギフト”エコノミー”」の2種類の言葉を区別して使っています。
「ギフトエコロジー」とは、「広域のPay-it-forward(ペイフォワード)」と言える生態的な世界感。
ペイフォワードについては実業家の斉藤ウィリアム浩幸さんによる日経新聞の記事「他人思いやる「ペイフォワード」 無償奉仕で好循環生む 」をお読みください。事例つきで短く読みやすいです。以下、引用させていただきました。

「ペイフォワード」の仕組みはこのようなものです。AがBに与える。BはAに恩を返すのではなくCに与える。CはAやBに対して恩を感じながら、つぎの世代へより多くのことを伝えていく。やがて社会には互いを思いやり、自然に後進が育ちやすい、ポジティブな循環が生まれます。もしかするとペイフォワードの概念は理想的に過ぎると感じる方もいるかもしれません。他人から搾取する一方で、誰にも与えない人間が得をするだけではないかという疑念もあるでしょう。

しかし誰にでも人生には山の時期もあれば谷の時期もあります。たとえば来月の結婚式の準備で忙しい同僚がいます。ご両親の介護が必要になって慌ただしい先輩もいるかもしれません。入社したばかりの後輩の中には仕事に慣れず冷や汗をかく不器用な人もいそうです。彼らから見返りを求めて何になるでしょう。人生には与える一方の時期、与えられる一方の時期、どちらもあるのが当然です。

ソーヤー海くんは、自然界や「母の愛」をたとえにギフトエコロジーの無報酬性について説明します。社会のシステムや全員がペイフォワードシフトしたらあっさり世界平和が実現しそうですが、そうはならない。
海くんや西海岸のギフティビストが提唱する「ギフティビズム」の定義はこちら

The practic of radically generous acts that change the world.
根本から過激なまでに徹底的に優しくする愛の実践。それが世界を変える

そして、これを「誰彼かまわず」実践すると、即!疲弊します。
この段階で「ギフトで回る世界なんて、ない」と降りる人は多いです。
私の場合は、実際、海くんの生活が回っていて、西海岸のギフティビストたちの活動が拡大していることから、いまだにギフトの世界を信じています。
それは所有している優良株の株価をモニターしている感覚。
決して値崩れしなくて、どんな社会変動にも影響を全く受けず、じりじり値上がりしていて、売る気のない忠誠度の高い個人株主がたくさんついてて、配当もいい株♡と捉えてます。
こういう例えをすると、海くんは眉をひそめるんだけど(笑)

さて、数年にわたる試行錯誤の歴史についてはいつか書くとして、いまの暫定的な結論は以下になります。

ギフトエコロジーは、コミュニティの中でのみ機能する

イラストにしてみました。
img_2821.jpg「コミュニティ」とは、永久にそこに属すことが保証されていて、愛を注げば注ぐほど自分も周りも場所も豊かになる信頼がある場所。
終身雇用制度や大家族のような感覚かと思います。
いま私がこの制度を導入しているのはこんな関係性です。

  • 肉親
  • TUPのコアメンバーで直接やりとりがある友達
  • TUP哲学や実践と肉薄していて、週に1度はやりとりがある友達
  • 15分以内に会える距離にいる、月に数回は会って、互いの人生相談が率直にできる友達

イラストでは、わかりやすくクレジットカードやネットワーク商法的な「会員」という用語を使ってみました(わかりやすくなっているのだろうか・・・?)
頻繁にやりとり(買い物)したりコミュニケーションすると、ロイヤルティ(忠誠度)が上がって、割引率が良くなったり恩恵がある関係性です。
あからさまなポイント制度にはなっていないものの、(仲のいい)家族や親友ってそういう「恩」「感謝」「おたがいさま」のポイントがたまっていく関係性かなと思っています。

彼らが幸せになると、わたしの毎日が直接的に幸せになる関係。

ギフトをしてみたい、と相談されるときにオススメしているのは、このやり方です。すぐに与えることで得られる豊かさに手応えを感じると思います。

一方!ソーヤー海くんや、海外のギフティビストが提案しているハードコアな「ギフトエコロジー」は、私の理解では以下のイラストになります。

img_2820.jpg

惜しみなく与え、それが自分に返ってきても来なくてもよい、という「愛の実践」というあり方です。
「ギフト」は記帳・記録しない。
与えられることが、自分の成功である、と。
こう説明すると、宗教っぽくて引かれる気がしているのと、「愛」も与えっぱなしだと疲弊するので、不特定多数の人にたいしてやるには、よっぽど自分の徳が高くないと難しいと感じています。
そして、これができると本当に奇跡的な出来事が起きたり、愛だけで生きられる無敵感があるので、究極的に目指すのはここだと思ってもいます。

私にとってのギフト”エコノミー”とは?

「私のギフトエコロジー」以外の関係性では、「貨幣以外の資本でもOKな等価交換」を採用しています。
世の中的には貨幣以外の等価交換=ギフトエコノミーと呼ぶことが多いように感じています。
「ギフト」の文化人類学的な本来性からみると、私には違和感はあります。
が、一般的にはわかりやすいので、私も便宜上、この「バーター」を「ギフトエコノミー」と呼ぶことがあります。

人それぞれが持つギフトで交換し支えあう取引のかたち

という意味合いで私は使っています。

img_2819.jpg

経営者としての経験から、貨幣が社会の唯一神的な交換手段である現状は退屈なものでした。
貨幣以外のオプションを増やすことで、社会がより豊かで幸せになるという強い手応えがあります。
開発コンサルタントとして世界のあらゆる貧困も見て、貨幣の量が幸福の量とリンクしないと実感しています。

そこで、自分のビジネスとしても、貨幣ではない支払い方法をオプションで持っています。
設定している価格は妥当と感じている一方、いまの社会で貨幣を入手するためにかかるエネルギーは過剰だとも感じています。
貨幣以外の資源を私たちはそれぞれ持っており、貨幣だけに頼る必要はないと考えています。
そのため、関係性に応じて、それぞれの人の持つギフトと私のギフトの交換に、バーターやワークトレードを採用することがあります。
いまは料金の一部またはすべてを、生活に必要なものでお受けすることがあります。

詳細はセッションのページに。

「貨幣以外の資本」について詳しくは、パーマカルチャーの先輩の「8つの資本」というコンセプトを日本に広げるプロジェクトを持っています。
「8つの資本」の全訳はほぼ終えており、「お金よりもっといいもの」というテーマのオンライン勉強会を定期開催の予定です。

(2019.07.06 更新)

読みもの:最近書いたもの

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  2. img_2837.jpg
  3. giftivism
  4. 084A3619
  5. 084A3860

読みもの:よく読まれているもの

  1. 75f18a43-8eb0-434f-96a9-c5914a2a1007.jpg
  2. 084A2898
  3. P1201815
  4. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  5. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

未来を生きるための楽しい冒険の書

ソーヤー海くんと仲間と、子どもたちが生きるために本質的に必要だと思う内容をすべて盛り込んだパーマカルチャーワークブックをつくりました。本づくりの想いやプロセスはMotion Galleryサイトから。
Be the change you want to see in the world.



大人向けはこちら。現代の「ホールアースカタログ」を目指しました♡

PAGE TOP