100%理想の味で食べたいから、おうちでつくろう穴子丼

鎌倉は、さばいてある国産のアナゴが手に入ります。
アナゴの魅力は「ふわっと感」。ですが、魚屋さんの処理はちょっと甘いので、硬かったり骨ばっているものを家で取り除きます、少し手間はいります、それに値する美味しさ、自家製アナゴ。

Step1.
アナゴは開いた身のふちにまだ硬い骨が残っていることがあるので、包丁でススッと切り落とします。
背びれ(開いた身の真ん中にある)は一応落としてあるのだけれど、さらに根元から落とします。
私はいったん身を丸く戻して(パタンと内側に折りたたんで)身も少し犠牲にしながら落としました。
皮を包丁の背ですーっとこすり、ねちょっとしたものをとります。

Tips
まな板に匂いがつくのが嫌なので、牛乳パックを開いてとっておいた使い捨てまな板を、まな板の上に乗せて使います。

Step2.
お湯を沸かしておきます。流しにザルか何かを起き、アナゴを横たえます。皮が上。お湯をかけます。

Step3.
「牛乳パックまな板」は捨てます。
まな板にアナゴを乗せ、食べたいサイズに切ります。

Step4.
お鍋にアナゴを入れひたるくらいの水を入れ沸かし、醤油、味の母(みりん&酒でも)、メープルシロップを入れます。アナゴが多い場合は、アナゴ・シングルレイヤー(1層)分くらいの水で OK。
色はごく薄めが上品だと思うので、醤油は控えめに。
落としぶたをして10分煮ます。
最後は落としぶたを外して強火で煮からめて、完成。

臭みゼロで、ヘタに外食で食べる安いアナゴより美味しい!
しかも、アナゴってうなぎの1/3くらいの値段で、国産品が手に入るので、もっと愛されていい素材かと思います。
少し味を変えたかったら、アナゴの上品な味を促進する、柚子胡椒や山椒がオンしても♡

☆—————————-
今ご参加いただけるグループセッションはありません
—————————-☆

「無敵のコミュニケーション〜NVCxMagic」クラスの新規開講は3月以降の予定です。
クラスは、ご希望される最初の方のスケジュールに合わせ募集を開始し、参加者がおふたりいたら開催しています。
ご希望の方は、ご連絡ください。
件名に「NVCxMagic参加希望」とお書きください。

☆—————————-
個人セッション
—————————-☆

カウンセリング・占い・コーチング・事業相談などをしております。90分15,000円です。
スケジュールのお問い合わせやお申し込みは、こちらから。
件名に「個人セッション希望」とお書きください。