いちばん簡単でおいしくてヘルシーなグラノーラのつくり方

栄養に気をつけるようになったら、コンビニで食べたいお菓子がいっさいなくて。
そうだ自分で作っておけばいいんだ、と思い立ちました。
豆乳ヨーグルトやバナナと混ぜて、軽食にもおやつにも便利なヘルシー・グラノーラ。
海外のレシピをあれこれ試作し、おいしいグラノーラを食べ比べし、自分好みで安全なグラノーラを作っています。つどレシピはマイナーチェンジして書き換えてベストの状態にしています。

事前準備

  • オーブンを190度に予熱しておく。
  • ロールドオーツが大きすぎてモソモソすると私は思うので、半量をミキサーやフードプロセッサーで粉に近づけておきます(ブロークンオーツと呼びます)
  • オーツとブロークンオーツを合わせて300gはかっておきます

つくり方

バター 60g
好みの植物油 50g
(サラダ油はNG、体に悪いから。なるべくガラス瓶に入っているもの。私は米油かグレープシードオイルか太白ごま油を使うことが多いです)
水 50g
メープルシロップ 60g
を鍋でまぜまぜし乳化(白くする)させます。海塩を入れます。
私はしょっぱめが好きなので、ゲランドの塩を強めに入れます。

その鍋にオーツを投入。リキッドを吸わせるようにまんべんなく混ぜます。
水を追加で足すとふやけて、オーブン時間が伸びちゃうので注意。
オーブンシートを敷いた天板で5分おきに混ぜながら20分焼きます。
10分前に生のナッツを混ぜ込みます。私はくるみとカシュー。
日本のレシピでは170度で40-50分、途中1回混ぜるだけ、というレシピが多く、時間があるときは、そのやり方の方が失敗がなくおいしい気もします。私はせっかちなので、このオーストラリアの人気レストランのやり方をアレンジしたレシピで♡

色と味を見てOKだったら、外でクールダウン。冷めたら、ドライフルーツやココナッツスライスや各種シードを好みで混ぜます。

フレイバーをつけたければどこかのタイミングで、カルダモンやコリアンダーやシナモンのパウダーをふってもいいとおもいます。
海外のレシピでは、リキッドの段階でバニラエクストラクトを入れるレシピもかなり多いです。



連続プログラムは、宇宙タイミングで開催します

bliss★ライフ・リデザイン・コーチングプログラム(全8回)

無敵のコミュニケーション(NVCxMagic)基礎クラス(全8回)

残1席・第19期】 オンライン。4/14, 4//20, 4/27(満月),5/4(GWなのでスキップ可能、その場合、6/8を追加)、5/11, 5/18, 5/25(皆既日食&満月前日), 6/1

満席・第20期】4月後半スタート、日曜18:00〜19:30。全8回中2回のみ鎌倉オフライン開催。

その他、共催や単発イベント情報はカレンダーから

集中的に深掘りしたい方は個人セッションが早いです
考えを整理したいときに。癒しと明確さが満たされると言っていただいています。初回は15,000円(90分)、以降は10,000円(60分)です。

私をもっと知りたい方へ
いま発売中のWIREDさんに「ポリネシアンSEX流肉食の作法」を寄稿させていただきました

東京アーバンパーマカルチャーで、ギフトエコノミーについてトークした動画があります