くふうとまほうとは

幸せな人生に必要なのは、ほんの少しの工夫と魔法

「くふうとまほう」は、幸せになる錬金術をつづっている冒険の書です。
自身の人生を実験台に、効果があったくふうまほうのシェアをしています。

長い人類の歴史で伝えられてきたミーム(文化的遺伝子)のひとつに「どうしたらもっと幸せになれるだろう?」という問いの探求があるのではないかと思っています。
「よき人生=The Good Life」とは、どんなものだろう?どうしたらそれを実現できるだろう?
医学も商業(交換)も宗教(儀式)もその目的のために発達してきたのだと思います。
もしも人間が「動物」としてだけ生きるのだったら、必要なものはシンプルです。

水、空気、食べ物

ところが、他の動物と大きく違うのが社会的動物である点。
他人とのつながり」が欠かせません。そこがまた苦しさとよろこびの生まれるところでもあります。
苦しさを克服することと、よろこびを持続させ増やすために、人はたくさん考えて工夫して失敗して知恵を積み上げ、今日の社会をつくってきたのでしょう。インフラを作り、ルールを取り決め、ものを発明し。物質化しにくい叡智や美しさは文学や心理学や哲学といった人文科学にのせ次の世代に手渡してきました。

その学びは、いま生きている私たちが使って全員で幸せになれるほど練磨され、必要な量があると感じています。錬金術から科学が発展し私たちの生活を支えてくれているように。
ただ、どうにも見えにくい・・・。そんな話をしていたら、息子(11歳)がこの言葉を教えてくれました。

十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない

クラークの三原則

私が「まほう」と呼んでいる人文科学や身体性からのアプローチは、再現性があり効果が高いことにおいては「科学」と呼べるほどだと、個人的には思っています。

コーチングとまほうの違い

私は、そんな錬金術の存在をあまり知らずに40年近く生きてきました。
錬金術のさわりに触れた最初のきっかけは、アメリカで受けはじめたコーチングでした。科学に昇華されたアートだと思っています。
人生がどんどん大変になってしまった時、コーチに毎週ついてもらい人生の軌道修正をしました。
そこで学んだ一番のことが、これでした。

過去と他人は変えられないけれど、いまと未来と自分は変えられる

恥ずかしくも私は過去や他人への執着が強く、この学びを血肉にするのに数年かかりました。

コーチングは、ある程度の冷静さや客観性を取り戻すには十分でしたが、顕在意識(頭で思いつけるレベル)を扱うことに特化していると感じました。
引き続きトラブルは起き続け、人生は少しは好転しながらも、楽にはなりません。
もぐらたたきのような毎日でした。

根本的な何かが変化しないと、人生はゆるやかに悪化し、生きたい人生を生きれない」と焦りを感じました。

NVCとの出会いで、人生が好転しはじめます

そんな時、頭に浮かんだのが、数年前にソーヤー海くんから聞いていて魔力がありそうだと感じていたNVC(non-violent communication)でした。いきなり10日間の国際合宿(100人以上のビッグコミュニティ!)に飛びこむとそこは、不思議の国のアリスの白うさぎが飛び込んだ穴のようでした。
NVCのコミュニティにはプロの臨床心理士たちや一流のコーチや、トラウマや悲劇的な経験を持つたくさんの人がいました。
それぞれの傷や経験を乗り越え、見た目も心も「らしさ」にあふれ自立している。わたしがこれまでに知り合ってきた人たちとは違う、聡明で優しくて強くしなやかな人たち。
潜在意識にアクセスする手法をよく知り、エグゼクティブコーチもするような彼らから、いくつものカウンセリングメソッドや新しい組織論を聞きます。

幸せになるには、通るべき「大広間」と秘密の小道がある

そこから数年の間(数百万円かけ)不思議の国を歩いていると、どの小道も味わい深い。そして、小道がつながっているいくつかの”大広間(ホール)”があると感じました。その”大広間”に到達すると、迷路の全体像が類推できレベルアップする手応えがあります。幸せになる秘訣がだんだん見えてくるのです。
本の章を読み進める感覚にも似ています。
どんな小道を通ってもいつかはそのいくつかの大広間を通ることになる。らしい。
なんだ、この大広間の感覚を早くから知っていたら、どれだけ人生から暴力性が減っていただろう。と思いました。

小道を遊び、大広間を巡り、同じエッセンスや友達に繰り返し出会い学び合う。それを続けているうちにいつのまにか人生が好転します。
トラブルが起きる回数が減り、自分が幸せな方へ流されるような外的な環境変化がおきました。
それから5年たった今の私は、当時とはまったく違う暮らしをしています。
身も心も家庭も商売もボロボロで何度も自殺を考える日々から、毎朝「今日はどんな遊びをしよう!」とワクワクして目覚め、手仕事が中心の丁寧な暮らしをし、自分が100%生かされ感謝される単価の高い仕事で自分の命に必要な貨幣をいただき、コミュニティに根づき、社会をよりよくしようと働く世界中の尊敬する人たちとつながり、身近の愛する人たちと笑いあい支え合い、人生を楽しみ、今日の自分の命を、見たい未来をつくるために使い切った!と自信と感謝を持って眠りにつく、そんな毎日への変化です。
この秘密の小道を知ったら、もっと簡単に幸せになれるはず。

昔は宗教がその玄関口をしていたのかもしれませんね。
いまでは日々の生活から直接無理なくその大広間に、たいしてお金をかけずに行く方法があると思っています。
お金と年月をかけて体を張って学び続けているからこそ、タイプ別に合うツールもわかってきました。
自分が満たされ余裕が出ると、この回り道をするのは先達だけでいいな、と感じました。私なりの「近道マップ」を配っていくことで、周り道する人が減り、さっさと人生の本質に触れ幸せで自分らしい冒険を楽しむ人が増えたらいいな!

人生という”ミラクルな冒険”を楽しむお手伝いをします

人呼んで「技術のコレクター」。人生かけて集め鍛え上げてきた、工夫に満ちた魔法のアイテム群、ご利用ください♡
人生は3Dの体験なので、マップはあっても、立体的な体験を通して歩くもの。
その体験の秘訣として、理屈で説明できる「くふう」と、説明するより体験してもらった方が早い「まほう」の2種類があって、ものによって境界はあいまい。
とにかく効果が効率的に出ればいいという考えで、個性に応じて、必要な時に必要な技を織り交ぜて手渡しつづけています。

幸せって、そもそもなんだろう?

幸せの質感の細部は人によって違いますが、本質は数個に絞れそうです。

体と心の安全が守られること。
愛(優しさ、思いやり)、笑い、よろこびがあること。

極端なお金持ちになることや、欲しいものが何でも買えたり、好きになったすべての人と両思いになることは、エゴ(自我)が求めること。エゴを外して行った先に、すべての人の幸せが満たされる場所があると信じています。世界にはその場所にたどり着くための十分な叡智があります。
そして、すべての人には無限の可能性があります
すべての人が持っている自分の可能性とつながり直し、生き生きと自己表現して生きる時、地球はどんなに美しい場所になるんだろう。
すべての人がお花だとしたら、時にふんわり、時にぱっかり、時にキラキラ開花して、呼吸するようにつぼんだり、しっとりしおれてみたり、また輝きとともに咲いたりするイメージです。
多様で香り豊かで美しく輝いている。みんな違って、みんないい。そんな世界を見るのが私の願いです。