プロフィール

藤井麗美(フジイレミ)
ライフコーチ/コンサルタント/まほうつかい/アクティビスト
1974年東京都千代田区生まれ、千葉県市川市育ち。両親は全共闘。
成蹊大学文学部で社会変革と環境問題と若者論を専攻。
親が起業家だったため、子供の頃からアントレプレナーマインドを叩き込まれ、30種の仕事を経験。学生時代は、レジ、コンビニ、引っ越し、塾の先生、ティッシュ配り、パーティコンパニオンなどを。社会人になってからは、ライター、Webデザイナー、ODA開発コンサルタント、広告代理店Webディレクター、銀座のホステスなどを経験。たいした就職活動せずに仕事が来る人生を送る。高校生の頃から、時給4桁以上の仕事しかしない、と決めている。

広告代理店勤務のだんなさんのMBA留学でパリとロンドンで優雅に駐在妻している時、両親の余命宣告により帰国。
家業を継ぎ、年商1億5000万円企業の経営者になり、2か月後に被災。
原発から110kmの被災ホテルを、里山資本主義を実践するリゾートホテルに立て直しはじめる。
2012年震災1年後の311に、東京アーバンパーマカルチャー( TUP)のソーヤー海くんと出会い、2015年「TUP人生を変えるギフトツアー」に参加。ベイエリアの「やさしさの革命」を実践する活動家たちに衝撃を受け人生が180度変わる。
2014年東京から鎌倉に隠居。すべての経営から降り「みたい未来をつくる」アクティビストになる。
現在はシングルマザー、なるべく貨幣でやりとりしない、社会関係資本ベースの経済を身の回りに構築中。うまく回ってます。
TUPの理念を実践する「鎌倉アーバンパーマカルチャー」創始者。
TUPやNVCのネットワークで、世界中のチェンジメイカーや一流のトレーナーやコーチが家に訪ねてくる刺激的な日々。
世界33か国を暮らし旅したトラベラーでパーティガール。
「人生、自分が気持ちのいいプレイして生き切るだけ!」が信条。

以下にもう少していねいなプロフィールがあります・・・

Academic/Cultural Background

成蹊大学文学部文化学科で哲学、心理学、社会学を集中的に学びました。
スタンスは現象学(哲学)を援用した現象学的社会学。
研究フィールドは、カウンターカルチャー、社会運動、まちづくり、環境問題、サブカルチャー、恋愛論、若者論。
社会学者になるつもりでしたが、語学留学した先のロンドンは1999年当時クラブカルチャーがピーク。No music, No lifeなイギリスを満喫し価値観ががらっと変わり「在野」が面白いと帰国。早稲田大学の友達たちとジャーナリズム系の雑誌やインタビュー書籍を作ったり、新宿の文壇バーやロフトプラスワンのようなサブカルシーンで小説家やマスコミの人たちと遊んでいました。
IDEEの雑誌「SPUTNIK」づくりに参加。
後藤繁雄(編集者)のスーパースクールを2期修了
米国UC Berkeley Extensionで4か月の International Diploma Program “Project Management”コース修了。
HR, クオリティマネージメント、プロマネ、コントラクトマネージメントなどMBA的な内容を網羅的に学んでいます。

Career Background

経験した職種は30種以上。
広告代理店Webディレクター、省庁向けリサーチャー、ライター、JBIC・JICA・JETROなどのODAコンサルタントとしてアルゼンチン、カンボジア、ベトナム、リビアなどを行き来していました。WebとITの専門家として開発・教育・リサーチにあたっていました。
経営者時代は、不動産やリゾートホテルのブランディング・リノベーション・経営全般をしてきました。
2012年、経営者になって2か月で震災にあい、継いだホテルが1億円以上の損害を受けます。廃業すればよかったのですが、母の夢だったので継続を決め被災からの復興を経験します。
里山資本主義で経営を立て直す、被災企業のユニークな取り組みとして注目していただき、講演の場を用意していただいたり取材を受けたりしていました。

SDGs歴18年

8歳くらいから「世界が平和で、すべての人が幸せでいてほしい」という強い願いがあり、キャリアの原点もそこです。
大人になってからは、SDGsにあるような「世界の立て直し方」を常に探し実践、広めています。
SDGsの前身であるMDGs(ミレニアム開発目標)に沿った開発コンサルタントの仕事をとても愛していて、息子が育ったらまた世界の現場に戻りたいと思っています。指標は開発の経済指標ではなく「幸せ」において。
MDGsから計算してSDGs歴18年。
子供の頃から関心領域はこの4つで、コンサルタントやアクティビストとして過去現在、活動し続けています。

  • 環境問題
  • 女性の地位向上
  • 教育
  • 世界の南北格差の解消

SDGsのカテゴリーと説明はこちらから。
それ以外のSDGsのエリアについても、東京アーバンパーマカルチャーで、生態と人の営みが互いを生かす調和的な関係になるようPRや教育の実践を行っています。

読みもの:最近書いたもの

  1. pitin
  2. robin-mathlener-670879-unsplash (1)
  3. gabrielle-henderson-1273767-unsplash
  4. c0b65c0c-3b71-47e2-b178-dc25ebaab5c7.jpg
  5. steve-shreve-259824-unsplash

読みもの:よく読まれているもの

  1. 75f18a43-8eb0-434f-96a9-c5914a2a1007.jpg
  2. 084A2898
  3. P1201815
  4. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  5. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

未来を生きるための楽しい冒険の書

ソーヤー海くんと仲間と、子どもたちが生きるために本質的に必要だと思う内容をすべて盛り込んだパーマカルチャーワークブックをつくりました。本づくりの想いやプロセスはMotion Galleryサイトから。
Be the change you want to see in the world.



大人向けはこちら。現代の「ホールアースカタログ」を目指しました♡

PAGE TOP