失恋から立ち直る魔法。欲しいのは彼(女)じゃなくて○○○だった!と、自分を知る絶好の機会に♡

好きな人に拒絶されるときってつらいですよね

恋愛大好きで、周りにも恋愛上手で愛されやすい女友達がおおく、恋愛のケースをみまくっています。
失恋が原因で自殺未遂した友人もいるし、離婚後、子供がどちらかの親にほとんど会えないパターンも見ています。ストーカー的なことをされたこともあり、離婚や失恋が数年以上にわたって人の人生に影響するものなのだな、とひしひしと感じています。
たくさんの悲劇的なケースを見てきたのちに、恋愛や離婚も扱うカウンセラーになりました。
自分自身がまだ数年前の離婚の傷が癒えていなくて恋愛リハビリ中。
そんな中で、私が体を張って試している失恋の癒し方があります。
正解はないけど、失恋で悩むたくさんの方に試していただけたらと記事にしました^^
ポイントは2つ。

1. 大好きだった人との関係性を悪化させないこと
2. 経験を、自分を知る機会として使うこと。そのことで人生を豊かにすること

できれば、大好きだった人との間に友情を残せたらベスト。
私の尊敬する女友達は、過去のBFたちのことを「本棚に並んでいる、大好きで大切な本。いつでも読み返すことができる」と表現してくれました。
私は・・・「大好きで似合ってたけど、今の私にはもう似合わないし着ないお洋服」かな(笑)
私にはもう必要ないものを、他の女性が気に入って上手に着こなしてくれていたらめっちゃうれしい♡」って感じです。。。よって、元彼たちにはまったく興味がないタイプです。
恋愛業界(?)では「男はデスクトップ保存。女は上書き保存」って言われてます。
男性はひとりひとりの彼女との思い出を大切にしていて、いつでもアクセスできる(から気楽に元カノに連絡したりする)けど、女性は新しい彼ができると過去は上書きされる(ので、そっけない)・・・傾向があるそうです(笑)そういう構造の違いを知っているだけでも、楽になるかも。
「本棚」の彼女は「デスクトップ保存」ですね。

相手との関係を悪化させることなく、失恋の痛みを、より良い自分の人生のための栄養にできたらいい。そのためにこの3つが大切かなって思ってます。

1. 互いへの敬意を残す。できれば友情を残す。特に子供があるカップルの間で。
2. 好意が受けいれられなかったこと、と、自分の存在価値を切り分けて考える
3. 執着を残さず、なるべく短時間で傷を癒やす(痛いから)

具体的な失恋の癒し方

私の人生を180度変え、人生で予想もしていなかった幸せな暮らしに連れ出してくれたNVC(共感コミュニケーション)という方法を使います。
まず、苦しみはストーリーから生まれます。仏教でも「苦しみは煩悩(考えわずらうこと)から生まれる」って言いますね。
ストーリーにどぶ漬けな失恋後の友人に向かって、人はよく「早く忘れて次の人探しな!」って言います。
それ、大正解です。でも、渦中にいる人には通じません。
恋愛が多いということは、別離も多いということ。たくさんの痛みを経験してきました。
今でも最も辛かったいくつかのシーンを思い出す事ができます。
そんなとき、自分が握りしめていたストーリーを、忘れようとするのではなく、ひとつひとつ成仏させていくやり方があります。
するとリバウンドせず、健康的な気持ちで「うん、またいい恋しよ!」って思えます

よみがえれ!ストーリーよ!

アイアン・シェフ(料理の鉄人)ばりに宣言して、はじめましょう。
別れた恋人に執着するのは、叶えたかった夢があるからです。
それを書き出してください。
なさけなくないよ^^ みんなあります。
「俺は何も悪くない」「あいつのプライドが高いのが悪い」「あのビッチ」「わたしがダメンズだから」「人としてありえない」「あの女さえ現れなければ」などなど、人や自分への批判が出るようだったら、それも全部書き出してください。
ひとしきり書いたら次に「ほんとうはこうなりたかったのに」「こうなれてたらよかったのに」という、叶わなかった未来について書いてください。女々しくないです、出しちゃったほうがいいんです。
それを眺めて、気の済むまで深い呼吸をし続けてください。

こういう願いを直接相手に送っちゃう人もいます。私もやったことあります(笑)
送らないほうが賢明かなと思います。相手が引いて、関係性が悪化するケースが多いと思うので。
温情で相手が優しくしてくれる可能性もありますが、それは本質的な復縁にはつながらないと思います。

自分の願いや怒りや絶望は、自分だけのものです。
相手には責任はありません。
相手は、私たちの感情のきっかけにはなっていますが、感情の責任は100%私たちがとるものです。
ここを勘違いすると、ストーカーになったりします。

感情をさらに味わう時間をとります

書き出した「ストーリー」リストに、自分の感情を追加していきます。
NVCの感情シートを参考にしてください。
わかりやすさのために、私のサンプルをあげておきます。
「」はストーリー、()内は私の感情。

プレゼント欲しかった編

誕生日に彼にアクセサリーをおねだりしたら激怒された。「自分は外車に乗ってて、家族がいて、私は遊びだから年に一度の機会に2万出す価値もないって思ってるんだね。じゃあ一度きりの関係性ですむ水商売にでもいったらいいんじゃない?私である必要ない!」(驚き、ショック、悲しみ、落ち込み怒り

もっと一緒に遊びたかった編

お別れした後も、一緒に体験したかったことを妄想することってあります。「一緒に温泉に行きたかった。知りあいに会わない、しっとりした旅館でゆっくり一緒の時間を過ごして、おいしいものを食べて、知らない土地でお互いをもっとよく知る機会を作り、抱き合って眠りたかった。サーフィンしている彼を海辺で待ってて、波に乗ってる彼のカッコよさに惚れ直したり写真撮ったりしたかった。愛を育てていきたかった。実現するって思ってた」(悲しみ、切ない、さみしい

失恋がつらいのは、こういうストーリーと感情のループにからめとられちゃうから。
書き出してみると、案外スッキリしませんか?
出さないと、カフェとかカラオケボックスで友達相手に1時間半くらい泣きながら、おんなじ話をくり返す羽目になったりします(したこともされたことも、うんざりするくらいあるなー)

悲しいのは、私が大切にしているものがあったからだ

ここからがNVCの本領発揮。
ニーズシートという魔法のシートを使います。
NVCでは「感情はサイン(にすぎない)。満たされていないニーズのありかを教えてくれているだけ」と考えます。
書き出したストーリーと感情を眺めながら、「私がそう思っちゃうとき、どんなニーズが満たされていなかったんだろう」と追っていきます。

NVC創始者のマーシャル・ローゼンバーグはこう言っています。

Getting in touch with unmet needs is important to the healing process.
満たされなかったニーズとつながり続けることは、ヒーリングの大事なプロセスです

プレゼント欲しかった編

「俺はレミのことを幸せにできてない」って言ってたから、私のおねだりを「自分がレミをどれだけ幸せにできるかを証明できる機会がきた」と使ってほしかった。ニーズは、受け入れられること尊厳

もっと一緒に遊びたかった編

今はじめて自分で振り返ってみて、過去のBFたちとはいい旅の思い出があることが豊かによみがえってきます。特に、デートを何度か繰り返してお互い「いいね!」って思って、より深い仲になる(=つきあう)ことを検討するタイミングや、つきあいはじめてすぐの時になぜだか旅行にいっている(なんでだろう?)
それは温泉だったりナパ(カリフォルニアのワイナリーエリア)だったりして。
おおっ!30才のたしか今日(12/26)、当時SFでデートしていた男の子とナパに1泊旅行に行ってたわ!と思い出す(なんつー偶然)。彼の親友カップルが運転してくれてる後部座席で、音楽業界でプロデューサーもしていてDJもする彼とくっついて、彼がずっと私のi pod(当時w)をサーチしてお互いの好きな音楽の交わるところを探して楽しく過ごしてた。夜は、私たちより大人な男女がゴージャスに飲み食いしている、いかにもワインカントリーの高級レストランで4人でめっちゃ楽しくディナーして(今日まで忘れてた・・・)お城みたいなワイナリーのお宿についてからは、終始お姫様みたいに大切にしてもらってはじめて裸で抱き合って。夢のような夜を過ごした。
彼のことは結婚したいくらい好きで、お互いの家を行き来して、友人たちと混じり合ったりもしてた。カルチャーがちがいすぎたり、私が未熟でクセがありすぎて・・・年下だけど成熟していた彼が上品にトーンダウンして自然消滅し、今でも美しい恋の思い出。再会してもう一度恋をしたいと思える唯一のデート相手。はあ
どうしたいもないけど、一生輝きが残る恋愛をありがとう!しかない。
はじめてクラブで出会って目があってバーで話したこと、憧れのクラブで楽しく踊ったこと、そのクラブでのNYEのパーティ、のんびりお茶したニューエイジなカフェ、彼が私が語った印象的な言葉。はじめてのデートでバイクで連れてってくれた気の利いたバークレーの小さなビストロ。そのお庭にいた2匹のアライグマのかわいさ。はじめて彼の親友に紹介された夜の安心感。彼のお母さん(女性をエンパワーするアクティビストでアーティスト)が、今の私にきっととても似ていること。今の私だったらきっとシナジーのあるいい嫁だったかもしれないこと。ロシア系アメリカ人の彼と私の間に生まれたかもしれない、肌が青白くて髪の黒い、彼のお星様のような瞳を持つお人形のようにかわいい娘(妄想走りすぎっ!)。こうして振り返ると、1月くらいの短時間に、すごい密度であっていたんだなと気づく(わたしの学生ビザが切れかけてて)。わたしが今のようにNVCや英語ができていたら、彼と結婚していたかもしれないなあと切なくて美しい気持ちにもなる。
そうだ、わたしが気に入って「これ好きなの?じゃあお誕生日プレゼントね」ってさくっと買ってくれたピアスをこの間ジュエリーボックスに見つけた。つけよう。わたしにとってアクセサリーは愛の記憶。いまでもむかーしの彼がくれた指輪やエンゲージリングをつけてます。

話を戻します。
わたしにとって恋愛は、これくらい大切なもの。
その美しさを冷凍保存したい(これがデスクトップ保存ってやつ?!)
そのために去り際を汚して、思い出をすべて削除するような終わり方にしたくない。なかった。
ニーズは、intimacy(親密さ)、スキンシップ、楽しさ、喜び、笑い合うこと、一緒に遊ぶこと、愛、互いのことを知り理解し合い尊敬が増えて大好きになること、生き生きさ、お互いの美しさを味わうこと、命のお祝い。
そして、SFの彼以外のBFについては、これ以上のロマンチックなこともあったのでしょうが、思い出す気にならない。別れ際の修羅場の印象がすべてを上書きしてしまっている。
恋の終わりを美しくしておいて欲しいのは、美しく尊いものを、そのままの美しさでおいておきたい、という願いがあるからだと気づきます。わたしが環境保護活動家をしているのも同じモチベーションから。
ここ、自分の根っこなのだと思います。
そこに気づけた今、「彼にアクセサリー買って欲しかった。一緒に温泉行きたかった」とかにもう痛みはありません。誰にでも、好きな感じの恋や関係性のスタイルがある。
フィットする人と恋すればおとぎばなしのように楽しいし、フィットしないなら楽しくはならない。フィットする人をおたがい探したらいい。だから恋が終わるのは悲しいことじゃない。

自分の未来のために「まとめ」の時間をとって味わいます

またいつか、わたしが離婚の痛みから回復して、SFの彼のような人と出会い、成熟しているわたしで、その人の人生に華を添えることができたらいいな。なーんて思えてしまった。
この10年考えたこともなかったけれど、また今世の思い出に残る大型恋愛ができたらいいな♡
大好きなお抱え星占い師のみきちゃん(めっちゃポジティブな星占いしてくれる♡)にみてもらったホロスコープによると、わたしは恋をしにきている人生。自分でも知ってる魂のミッションは「恋をしにきた。この惑星と人の美しさに」
純粋に恋が好き♡
だれかとパートナーシップを築いて子供を育て年金生活して平均寿命で死んでいく人生ゲームをしに来てない。パーっと華やかにいきたいの!
だから、いいんだ。わたしがしたいロマンチックな恋の形を一緒に楽しんでくれる人に出会うまで恋をし続ける。
打つ球が多ければ失敗も傷つくことだってあるさ。それでもゲーム・フィールドに出ることをやめない。
恋の美しさ・楽しさを知っていて大好きだから。そこが自分の命の源泉のひとつだから。
サンプルのネタは適当に書いたんだけど、思いがけずつながってしまった♡

皆様もこんな感じで、ご自身の恋愛スタイル探ってみてください。
命あるかぎり、よい恋をたくさんしよう♡

写真は、最近一緒にお料理教室をしているユリユリのごはん。鮮やかで美しい上に、パーマカルチャリストらしく、野菜の個性を最大限に引き出し組み合わせている。こんな華やかでかわいい恋が好き。料理教室は毎月やってます。カレンダーチェックしていてください^^



連続プログラムは、宇宙タイミングで開催します

bliss★ライフ・リデザイン・コーチングプログラム(全8回)

無敵のコミュニケーション(NVCxMagic)基礎クラス(全8回)

【残2席・第21期】 5/19以降、隔週、水木金のいずれか10:00-11:30でスケジュール中。ご希望の方はご連絡ください。

その他、共催や単発イベント情報はカレンダーから

集中的に深掘りしたい方は個人セッションが早いです
考えを整理したいときに。癒しと明確さが満たされると言っていただいています。初回は15,000円(90分)、以降は10,000円(60分)です。

私をもっと知りたい方へ
いま発売中のWIREDさんに「ポリネシアンSEX流肉食の作法」を寄稿させていただきました

東京アーバンパーマカルチャーで、ギフトエコノミーについてトークした動画があります